日経電子版 無料

日経電子版

日経電子版の購読には、月額4200円(税込)かかります。
それが、簡単な申し込みだけで月額0円で読めるようになります。
※違法・怪しい方法ではありません。

当サイトでは、日経電子版を0円で読める簡単な方法をご紹介します。

楽天証券口座開設はこちらをクリック


楽天証券に無料で口座を開設して、日経電子版が0円に

当サイトで紹介する日経電子版を0円で読む方法は、
楽天証券で口座開設をすることで利用できる「日経テレコン」を利用するというものです。
もちろん楽天証券の口座開設にはお金はかかりません。

日経テレコンは、日本経済新聞社が提供するデータベースサービスで、以下の機能が利用できます。
  • 過去1年間の日経新聞の記事を検索可
  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJの過去3日分の記事が読める
このように日経電子版で配信されている記事を読む事ができます。
また、日経テレコン(楽天版)は、日経電子版と同様で、PC・スマホ・タブレットで利用が可能です。

楽天証券口座開設はこちらをクリック

簡単!楽天証券無料口座開設申し込み方法

日経電子版

「証券会社の口座開設」と聞くとややこしい手続きが必要そうに思えますが、楽天証券の口座開設はWEBで完結、費用は一切かかりません。

口座開設は以下の5ステップで完了します。
楽天証券の口座開設は簡単で、最短1日でも可能です。
※サービスの利用に必要なID・パスワードの情報は郵送で届く為、利用までは数日かかる場合があります。
1.口座開設申込・設定
当サイトのボタンより楽天証券HPへ。そこから口座開設申し込みを行います。
勤務先や利用金融機関等の必要事項の設定を行います。
2.本人確認書類提出
本人確認書類は、HPからのアップロードでの提出が便利です。
3.審査・開設完了
楽天証券側の審査に通れば、無事口座開設です。
サービスの利用に必要なID・パスワードの情報が郵送で届きます。
4.マイナンバー提出
2016年1月から、証券会社の口座開設時にマイナンバーの登録が必要になりました。
マイナンバーの登録は楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」、または、郵送での登録も可能です
5.ご希望のデバイスから楽天証券アプリにログイン・使用開始
楽天証券のアプリは、難しい設定は必要なく利用し始める事ができます。
ツールを使って、日経電子版の記事を0円でお楽しみください。

楽天証券口座開設はこちらをクリック


楽天証券口座開設は完全無料!まずはお試しください!

日経電子版 無料

この方法のメリットはやはり、無料だと言うことです。
楽天証券の口座開設やマーケットスピード・iSPEEDの利用は無料。
株取引をする場合に初めて資金が必要になります。

使ってみた時にもしサービスが気に入らなければ、解約をするだけです。
損をすることは一切ありません。
日経電子版を購読中、これから購読しようとお考えなら、ぜひ一度この方法をためしてみてください。

楽天証券口座開設はこちらをクリック

日経電子版を無料で読めて、得しました!

楽天証券の口座を開設して、日経テレコンを利用している人の体験談をご紹介します。
35歳 男性の体験談

日経新聞 電子版 体験談

月々の購読料はかかりますが、仕事などで必要な情報が多く載っているので、元々日経新聞を購読していました。
私自身も資産運用に興味があった事もあり、ある時日経新聞に載っている株式の記事を読んで、株を始めてみることにしました。

どの証券会社を利用するか、いろいろ検討してみましたが、
楽天はよく利用しているのでIDも持っているし、初心者でも手軽に始められそうなプランが多かったので、楽天証券を選びました。

口座の開設は、簡単に行えました。

楽天証券では、株取引をするためのツール「マーケットスピード」が無料で使えます。
そのツールの一つに、ニュースを無料で閲覧できる「日経テレコン」があるのですが、ここで「日経新聞」が読めるのです。
いつもお金を払って読んでいる記事と内容も同じだったので、日経新聞は解約し、日経テレコンで新聞を読むようになりました。

楽天証券のこのサービスにとても満足しています。
ただ、もう少し早く知っていれば、購読料をもっと損せず済んだのに、と思います(笑)

楽天証券口座開設はこちらをクリック

1. 日本経済新聞紙面の特徴

朝日新聞や毎日新聞、読売新聞や産業新聞、それと日本経済新聞が、日本の5大紙と言われています。
それぞれの新聞に特徴があり、その中でも日本経済新聞は経済や産業に対して力を入れている新聞です。
この日本経済新聞は紙面と電子版の2種類用意されています。
紙面では、他の新聞にない特徴もあり様々な使い方ができます。
他の新聞にはない読みやすさがあり、自宅に置いておけば家族も最新のニュースを知ることができます。
情報収集には新聞は重要なアイテムとわかっていても、ゆっくりと読む時間がないという人は多くいます。
しかし、日本経済新聞の紙面は短時間でも今注目されている情報がすぐにわかるように工夫をされています。

1-1. 時間がなくてもさっと目を通しておける

日本経済新聞の読者の平均時間は30分未満というアンケート調査結果があります。
経済や産業に対して情報収集をするのなら、多くの人がもっと時間をかけるのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし、日本経済新聞の特徴として最初の3行程度で記事のポイントがつかめるという点が挙げられます。
日本経済新聞の記事では、すべての記事が結論を最初に書かれているため、短時間で最新のニュースを理解することができます。
忙しいビジネスマンにとっては、この点は大きなポイントとなります。
短時間で今注目されているニュースのポイントをつかむことができ、仕事での会話でもとても役に立ちます。

1-2. 家族も気軽に見られる

紙面のメリットは、家族も気軽に読むことができるという点です。
情報収集は、何もビジネスマンだけが必要なことではありません。
専業主婦でも、近所の人との会話のために最新のニュースは必要になりますし、子供でも受験となれば時事問題などをしっかりと理解しておく必要があります。
日本経済新聞は短時間で内容が把握できる新聞なので、家族みんなで回し読みをすることもできます。
専業主婦の人なら昼間に、学生なら学校から帰ってきてから夕方にゆっくりと新聞を読むことができます。
スポーツ紙などなら子供に見せられない記事などもありますが、日本経済新聞は芸能記事が少なく、子供にも安心して読ませることができます。

2. 日本経済新聞電子版の特徴

日本経済新聞では紙面だけでなく電子版も用意され、様々なシーンで情報収集をすることができます。
とくに電子版は、パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットで新聞記事をそのままの形で読むことが可能となっています。
紙面なら端末も必要なく、手軽に読めることがメリットなのですが、新聞紙が溜まってしまうのが難点と感じている人も多いのではないでしょうか。
電子版ならそのような心配をする必要もありません。
また、移動中でも気軽に読めるのも大きなメリットです。
スマートフォンを持っていれば、移動中の電車やタクシーなどの中でも手軽に情報を確認することができます。
新聞紙のレイアウトにこだわる方向けのサービスとして、紙面ビューアという機能があり、紙面を画像としてタブレット上で閲覧することが可能です。

2-1. 新聞記事の内容を全文を閲覧できる

電子版は便利そうだけど、一部の記事しか読めないのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、電子版では朝刊や夕刊の全ての記事が読めるだけでなく、ニュースの解説や動画コンテンツなどもあり、記事数は紙面の3倍もあります。
電子版独自の記事などもあり、電子版だからこそ得られるメリットは多くあります。
仕事での会話などに必要な情報を収集したいと思っている人こそ、このメリットは大きいと言えるのではないでしょうか。
紙面では得られないような情報や考え方を電子版なら得ることができます。
様々な情報をしっかりと得たいという人には、電子版の方が最適と考えられます。
さらに電子版では記事の検索が簡単で、記事保存の機能も付いており、とても便利です。

2-2. PC・スマートフォン・タブレットでも記事を確認できる

電子版の大きなメリットが、PC・スマートフォン・タブレットで見られるという点です。
今持っているスマートフォンで新聞を読むことができれば、移動中に新聞を読むことができますし、気になった記事は保存をすることができ、時間が空いたときに瞬時に取り出すことも可能です。
また、自宅で紙面を読むときに、他の人が読んでいると読むことができないというデメリットがありました。
しかし、電子版を利用することで、お父さんはパソコンで、お母さんはスマートフォン、子供はタブレットで読むということも可能です。
この利便性は電子版だからこそ得られるメリットです。

3. 日経電子版の支払い方法は?入会日により日割りはあるの?

日経電子版の料金は月額税込みで4,200円となっています。
この電子版の支払い方法はクレジットカードのみです。
この電子版に申し込むときに気になるのが入会日により日割りがあるのかという点ではないでしょうか。
月初めに申し込むのと、月末に申し込むのとでは購読期間が違うため、同じ料金では不公平と感じます。
しかし、日割り計算をされることもなく、しっかりと月額分請求されることになります。
ただ、翌月も継続して購読する場合には申込み月の料金は無料になることから、継続して申し込むという人はどのタイミングで申し込んでも損することはありません。

3-1. キャンペーン申し込み当月に解約した場合は?

電子版では、初月は無料といったキャンペーンをしていることがあります。
このキャンペーンを利用してお得に電子版を利用しようと考える人や、このキャンペーンの期間中だけ利用してみて、今後も利用するのかを考えようという人もいるでしょう。
この時に気になるのが、キャンペーン申込月に解約した場合の料金です。
申し込み当月に解約しても無料なのかと気になるところですが、このタイミングで解約した場合には、ひと月分の料金を支払う必要があります。
また、電子版と新聞の宅配を一緒に申し込んだ場合には、宅配の新聞購読料は無料にはなりません。

5. 日経電子版のiPadアプリでの使用感は?

2012年2月にはiPad版アプリが登場しています。
このアプリで紙面そのままの記事を読むことができます。
iPadでは文字が小さく読みにくいのではないかと思う人もいるでしょうが、読みやすいように工夫されています。
気になる記事が見つかればダブルタップをすることで拡大され、読みやすくなります。
面倒な操作もなく、ダブルタップするだけなので、慣れれば紙面で読むよりも手軽に読むことができます。
この手軽さがiPad版の大きなメリットです。
操作が簡単なので、子供でもiPadで気軽に読むことができ、家族みんなで新聞を楽しむことができます。

5-1. 日経電子版のログイン方法と操作を解説

アプリを起動すると、ログイン画面が表示されメールアドレスとパスワードを入力するように求められます。
メールアドレスとパスワードを入力し、ログインボタンをタップすると「日本経済新聞 for iPad の基本的な使い方」が表示されます。
初めて利用する時には、この使い方をしっかりと確認して、アプリを快適に使いましょう。
左右のスワイプや、左右端をタップすることで前後の紙面に移動をすることができ、紙面よりも読みやすいと感じる人もいるかもしれません。
Wi-Fiなどの高速回線ならダウンロードにストレスもなく快適に使用することができます。

6. 日経電子版の無料会員になると?

電子版では有料会員だけでなく、無料会員として申し込むことも可能です。
無料会員では、有料会員向けサービスと比べれば明らかに利用できるサービスは少なくなります。
ただ、無料会員になり、電子版の便利さを知るには十分なサービスです。
日経電子版の購読料は毎月4,200円となっていて、けして安い購読料とは言えません。
そのため、有料会員になる前にしっかりと確認はしておきたいものです。
まずは無料会員として利用し、本当に利用する価値があるのかを確認してみてはいかがでしょうか。

6-1. 毎月10本まで有料会員記事が無料で読める

無料会員では、有料会員が読むことができる有料会員限定記事を毎月10本まで無料で閲覧することができます。
情報収集をするには、月10本では少なすぎますが、電子版がどんなものなのか、定期購読する価値があるのかを確認するには十分なサービスと考えられます。
また、普段あまり新聞を読まないという人は、毎月10本で十分という人もいるかもしれません。
職場などで話題となっている情報だけを確認したいという人なら、無料会員になっておくことで、無料で気になる記事を読むことができます。
もっといろいろな記事を読みたいと思えば有料会員になればいいので、まずは無料会員として申し込んでみてはいかがでしょうか。

楽天証券口座開設はこちらをクリック


最近は、大学生の就職対策ということで日本経済新聞は必読書だと言われます。
確かに、この新聞を読んでいるとわかることで面接官のイメージアップに繋がることは間違いないでしょう。
しかし、そのようなイメージを持たせるだけであれば、朝の5時45分からテレビ東京で放映しているモーニングサテライトを見ているだけで十分でしょう。
この番組は、日本経済新聞を基礎にして番組が構成されているので、主要記事であればこの番組だけでわかるのです。
しかも、面接官も最近では日本経済新聞ばかり読んでくる学生が多くなったことから、少し対策をするようになってきました。
例えば、金融機関であれば、学生は金融面をしっかり読んでくるのですが、新聞の記事では事実関係が主になっており、例えばFRBの将来の金融政策の動向についてはあまり載っていないことが多いのです。
この点を狙って、先行きの見通しについて質問すると、答えられない学生が結構多いのです。
しかし、企業の欲しい人材と言うのは、この先行きが読める人なのです。
もちろん、先行きを答えたとしてもトンチンカンな答かもしれません。
しかし、即興でその場で考える能力は、新聞をただ読んでいるだけでは身に付きません。
日本経済新聞は、経済の教材として非常に有用ですが、読んで満足するのではなく、今後の見通しを自分で考えてみることで実践的な力が身に付きます。
企業はそのような事ができる人材を探しているのです。